e.f.t. Blog

アトリエe.f.t.のブログ

より良くする技能

2016年02月06日 by e.f.t.

より良くする技能

TV番組「カンブリア宮殿」で村上龍が近年多方面でデザイナーの活躍が目立つ事について、虚構が成立する時代ではないし、もうそんな余裕はない。
デザイナーは、新たなものを生むだけでなく、現実の中の基本と基地を見出して、編集しようとしている。というような事を言っていた。

やっと気づきましたか村上さん。
でも、まだまだ世間はデザイナーってオシャレな装飾をしてる人だと思ってる人もいるんじゃないかな?

デザインを広義的に捉えると、もはや「デザイン」という言葉では収まりきらず、別の言葉が必要なんじゃないかと思ってしまう。「より良くする人」みたいな感じかな。

会社をより良くする、街をより良くする、暮らしをより良くする。
それじゃ社長や市長やお母さんもデザイナーって事になるのかって思いますよね。

そうなんですよ。より良くする為に、慣例や先入観に囚われず物事を捉えて、課題や問題を見つけ出し、新たなやり方で問題解決の道筋をつけるといった考え方がデザインだったりするわけです。
デザイン的なマインドを持って生活してる人が沢山いるんですよね。

アトリエe.f.t.では芸術家やデザイナーだけでなく、そんな「より良くする技能」を持つ人を育てたいと考えているんです。

タグ : コメント(0)

コメントする

コメント(0)

コメントはまだありません。