e.f.t. Blog

アトリエe.f.t.のブログ

ドイツ6日目

2012年04月05日 by e.f.t.

イチです。

これでホンマのホンマに最後!今回一番大事、書かせてください、ドイツ6日目を。

最終日「ベルリンの壁」を見に行きました。
歴史的建造物のベルリンの壁は、当時のまま保存されている。いろいろなアーティストが壁に絵を描いたイーストサイドギャラリーを見に行った。そこにはストリートアートが描かれており、いろんなメッセージが込められていた。 正直、そこまで知識はない。うまいこと言えんけど、この3メートルぐらいの壁で国が分裂しとったんやと思うと、 それも1989年まで。俺生まれとるし…とゾッとした。
3メートルってその当時の人にとってどのぐらいの高さやったんやろか。
ただの壁がずーと続いているだけ。 3メートルぐらいなら頑張ったら登れそうな壁 。空は続いとるのに。でも建物の3階に上がったら壁の向こう側なんか丸見え。

俺は「たったの3メートル」と感じたが
当時の人にとっては「ほど遠い3メートル」やったんやろうと思った。

今回のこともそうだが、自分は興味のないことはとことん知識がない。基地問題にしろ、領土問題にしろ、原発問題にしろ、知らないことが多過ぎる。 もっと身近な問題ですら知らないことも多い。 家庭の問題にしろ、友達関係、食べ物の問題。
まず知らないといけない。
それを始めんと何にもならん。

そっから自分なりの意見を持って行動しなければいけない。
この気持ちを忘れてはいけない!

そんなこんなでイチはドイツ人になりましたとさ。チャンチャン。

タグ : コメント(7)

コメントする

コメント(7)

  • ググッ!ええ事言うねー!
    旅は人を成長させる。

  • 壁ができたお陰で、線路は壊れてないのに電車にも見えない壁ができて、ある場所から西側へは行ってくれなかったとか。
    あとは越えようとして殺された人も何人も居たとか。
    そういう話は聞いたことあるかなー\(^^)/

    でもそんな重い意味のある壁をアートギャラリーにしてしまうのは凄いやんなぁ。いいなあ。
    うーぬ、日本じゃそんなことしたら怒られるのに、こんちくしょー…ドイツに住みたいな!

  • まずは行動なんやね〜
    動いたらいろんな事を考えれるもんね。
    うちも小さいことでも渋らず動くぞ!知るぞ!

  • 吉田氏>ありがとうございます。

    おから>ほんまそれ。日本の文化と大違いやな、見習ってほしい。

    なる>そう!動いて、知って、動く!その繰り返し!

  • 6日間のドイツ紀行文読みました。
    イチのフィルター越しのドイツ、楽しめました。
    逆風に負けず書ききってくれてありがとう
    旅はいいね〜

  • ひろゆきさん>ありがとうございます、その言葉、励みになりました。

  • 先日、仕事でドイツ人の大学教授とお話していたら、「ベルリンは観て欲しい!」とおっしゃっていました。
    この旅行記の締めくくりで言葉の意味が分かりました。

    同じ敗戦国、同じく職人気質な国民性は理解しやすく、ドイツを通して日本を客観的に見直し易いので大好きです。
    「無知の知」で、知らないって事を認識しただけで人は進歩できている気がしてます。